事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

VNCクライアントソフトは特に入れなくても入ってるらしいです。

メインメニュー?アプリメニュー?の『インターネット』>『ターミナルサーバクライアント』と『リモートデスクトップ・ビュアー』の両方ともVNCクライアントに使えます。
ssh_client.png

『ターミナルサーバクライアント』はデフォルトでは『プロトコル』のところのVNCがグレーアウトしていて、『vncviewer』ってのを入れないと動かないらしいです。

入れてみます。
linux@Ubuntu-DT:~$ sudo apt-get install vncviewer
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
注意、'vncviewer' の代わりに 'xtightvncviewer' を選択しています
提案パッケージ:
tightvncserver ssh
以下のパッケージが新たにインストールされます:
xtightvncviewer
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
1 個のパッケージが完全にインストールまたは削除されていません。
89.5 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 229 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ natty/universe xtightvncviewer i386 1.3.9-6.1 [89.5 kB]
89.5 kB を 0秒 で取得しました (182 kB/s)
未選択パッケージ xtightvncviewer を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 185576 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../xtightvncviewer_1.3.9-6.1_i386.deb から) xtightvncviewer を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
menu のトリガを処理しています ...
plymouth-theme-mib-oxygen (0.5.0-1) を設定しています ...
update-alternatives: エラー: alternative パス /lib/plymouth/themes/MIBOxygen/MIBOxygen.plymouth が存在しません
dpkg: plymouth-theme-mib-oxygen の処理中にエラーが発生しました (--configure):
サブプロセス インストール済みの post-installation スクリプト はエラー終了ステータス 2 を返しました
xtightvncviewer (1.3.9-6.1) を設定しています ...
update-alternatives: /usr/bin/vncviewer (vncviewer) を提供するために 自動モード で /usr/bin/xtightvncviewer を使います。
menu のトリガを処理しています ...
以下のパッケージの処理中にエラーが発生しました:
plymouth-theme-mib-oxygen
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)
linux@Ubuntu-DT:~$

あれ、なんか『xtightvncviewer』を入れますとか書いてあるけど?
最後にエラーとか書いてあるし ←これは、別の問題なので関係ないです。

使い方は簡単です。
サーバーのIPアドレスとポート番号を入れるだけです。
ssh_client2.png

『リモートデスクトップ・ビュアー』のほうが気に入ったので、こちらを使うことにします。

ホスト名に間違って打ち込んだ履歴の消し方が分からない…orz
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です