事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

以前はGrub関係の設定は/boot/grub/menu.lstだったみたいですけど、
Ubuntu9.10?から/etc/default/grubになったようです。(Grub2)
で、
/etc/default/grubを変更した後は、
sudo update-grubで変更を有効にするみたいです。

で、デフォルトではないでしょうけど、自分のPCに入っていた/etc/default/grubはこんな感じ。

# If you change this file, run 'update-grub' afterwards to update
# /boot/grub/grub.cfg.
# For full documentation of the options in this file, see:
# info -f grub -n 'Simple configuration'

GRUB_DEFAULT=0  ←どのOSが既定か。0はGrubメニューの一番上のOS
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0 ←メニューを表示せず待機する秒数、0だと即起動
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true ←上の値が0以外で、trueだとカウントダウンを表示しない
GRUB_TIMEOUT=10   ←タイムアウトまでの秒数
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="quiet splash"  ←スプラッシュや起動のテキスト表示の有無の指定
GRUB_CMDLINE_LINUX=""

# Uncomment to enable BadRAM filtering, modify to suit your needs
# This works with Linux (no patch required) and with any kernel that obtains
# the memory map information from GRUB (GNU Mach, kernel of FreeBSD ...)
#GRUB_BADRAM="0x01234567,0xfefefefe,0x89abcdef,0xefefefef"

# Uncomment to disable graphical terminal (grub-pc only)
#GRUB_TERMINAL=console

# The resolution used on graphical terminal
# note that you can use only modes which your graphic card supports via VBE
# you can see them in real GRUB with the command `vbeinfo'
#GRUB_GFXMODE=640x480   ←Grubのテキスト表示の画像解像度

# Uncomment if you don't want GRUB to pass "root=UUID=xxx" parameter to Linux
#GRUB_DISABLE_LINUX_UUID=true

# Uncomment to disable generation of recovery mode menu entries
#GRUB_DISABLE_RECOVERY="true"

# Uncomment to get a beep at grub start
#GRUB_INIT_TUNE="480 440 1"


より詳しい内容はUbuntuのGrub2のページ(英語ですけど。)または、『rionaoki.net』さんの『Grub 2 入門』でどうぞ。

GRUB_GFXMODE=に使える画像解像度を調べるには、

$ sudo hwinfo --framebuffer で解るみたいです。

で、こんな感じにしました。(抜粋)

GRUB_DEFAULT=0
#GRUB_HIDDEN_TIMEOUT=0
GRUB_HIDDEN_TIMEOUT_QUIET=true
GRUB_TIMEOUT=3
GRUB_DISTRIBUTOR=`lsb_release -i -s 2> /dev/null || echo Debian`
GRUB_GFXMODE=1024x768
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT="splash"
GRUB_CMDLINE_LINUX=""


さらに、Ubuntu11.04では、
/boot/grub/ に画像ファイルを置いて update-grubすると、スプラッシュが設定されるらしいです。
とりあえずJpeg置いてみました。


それと、GrubやPlymouth(いわゆる旗画面?)をいじれるGUIツールがあるようなので入れてみました。
コマンドだけ
sudo add-apt-repository ppa:ingalex/super-boot-manager
sudo apt-get update
sudo apt-get install super-boot-manager hwinfo burg-emu grub-emu


メニューの『システムツール』のなかに『Supre-Boot-Manager』というのができます。
burgってのは個人的に必要なさそうだし、何やら危険ぽいのでいじってません。
Plymouthも色々いじったんですが、SSDのせいか長くても2秒位しか表示されないので…
結局Disableにしちゃいました。。


参考にしたHP
『憩いの場』さんの『ブートローダー(GRUB)のメニューに任意の壁紙を付ける [Ubuntu 11.04以降]
『MiuxMiu』さんの『LinuxのUbuntuやDebianのGRUB2で起動選択メニューを表示する方法・コマンド
『なんでもかんでもコンピュータ』さんの『【Ubuntu 11.04】 Super-Boot-Manager : 起動画面(Burg、Grub2、Plymouth)のテーマ変更や設定変更を行うGUIツール
『daily dayflower』さんの『Ubuntu 10.04 (Lucid) でスプラッシュスクリーンをなんとかするAdd Star

試してないけど気になる内容
『Ubuntu日本語フォーラム』さんの『11.10に於けるGRUBの設定変更
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です