事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

WINEというエミュじゃないと言い張るエミュ見たいのを入れるとLinux上でもWindowsアプリが使えます。
全てとは行きませんけど。主要な、特に古めのアプリはつかるようです。
フォトショとイラレは手放せないので、当然入れます。

参考にしたのは、
『アイティメディア』さんの『@IT:Linuxで動く便利ツール[Wine]
『Ubuntu Japanese Wiki』さんの『Ubuntu Tips/アプリケーション/WineでWindows用アプリケーションを動かそう
『masomi79の日記』さんの『[ubuntu]ubuntu11.04にwineをインストール


linux@Ubuntu-DT:~$ sudo apt-get install wine
[sudo] password for linux:
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
   ~~~~無駄に長いので省略~~~~
wine (1.2.2-0ubuntu6) を設定しています ...
gnome-exe-thumbnailer (0.8-0ubuntu1) を設定しています ...
libc-bin のトリガを処理しています ...
ldconfig deferred processing now taking place
linux@Ubuntu-DT:~$ wine --version    ←バージョンチェック
wine-1.2.2
linuxUbuntu-DT:~$ wine notepad     ←動作チェック
wine: created the configuration directory '/home/linux/.wine'
fixme:msvcrt:_setmbcp trail bytes data not available for DBCS codepage 0 - assuming all bytes
fixme:system:SetProcessDPIAware stub!
fixme:dwmapi:DwmIsCompositionEnabled 0x33d04c
fixme:file:MoveFileWithProgressW MOVEFILE_WRITE_THROUGH unimplemented
fixme:advapi:SetNamedSecurityInfoW L"C:\\windows\\system32\\gecko\\1.0.0\\wine_gecko\\components\\xpti.dat" 1 536870916 (nil) (nil) 0x1998dc (nil)
fixme:iphlpapi:NotifyAddrChange (Handle 0xa62e8d8, overlapped 0xa62e8e0): stub
fixme:file:MoveFileWithProgressW MOVEFILE_WRITE_THROUGH unimplemented
fixme:advapi:SetNamedSecurityInfoW L"C:\\windows\\system32\\gecko\\1.0.0\\wine_gecko\\components\\compreg.dat" 1 536870916 (nil) (nil) 0x1dbad34 (nil)
wine: configuration in '/home/linux/.wine' has been updated.
fixme:msvcrt:_setmbcp trail bytes data not available for DBCS codepage 0 - assuming all bytes
linux@Ubuntu-DT:~$


で、WINEのインストールは終了です。

で、そこからはWindowsアプリが普通にインストールできるらしいですけど、エラーが出て出来ません。
どうもexeに実行権限が無いとか文句を言ってるようです。
まぁ、そら、windowsですから、パーミッションの概念が無いので、xフラグは建ってません。

しかたないので、インストールCDを外付けのHDDにコピります。
で、chmodを実行するが、変わらない、GUIのプロパティでやっても一瞬チェックが入るがすぐ外れる。
あれ?どこかで見たような・・・・・
とおもったら、HDDがNTFSだったでござる。。。。。。。orz

Gpartedを探してもどうやらインストールしたUbuntuには、入ってないので(LiveCDには入ってるのに)、
sudo apt-get install gpartedでインストールし、外付けHDDをext4でフォーマットして、コピってパーミッションあげて、実行したらできました。

ちなみに、インストールしたWindowsアプリは
Photoshop6 ふるっ
Illustrator9 ふるっ
DreamWeaver4 ふるっ
FireWorks4 ふるっ
Flash5 ふるっ
WinMerge2.12.4 安定版

フォトショ2.5、イラレ3.2から使ってる私にとってはこれで十分なのです。
WinMergeが使えるのもうれしい。LinuxでのWinMerge代替といわれてるMeldは全然ダメでした。

開発環境はまた後で入れます。
C#もほしいなぁ・・・・


ちなみに未解決問題が1つ。
フォトショ、イラレの仮想メモリを ラムディスクに当てたいのにやり方がわかりません。
WINEのフォーラムに似たような話題がありましたけど、そちらはアプリをラムディスクに入れるという話なので、それでは解決せず。

『wine』>『ConfigureWine』>『ドライブ』>『追加』
で、ドライブを当ててもダメでした。

んー WINEでフォトショつかってる人多そうだけど、どうしてるんでしょ?
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です