事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

メインPCの起動が遅く、HDDもうるさいのでSSDを調べていたら、なにやら限定で安売りしてるので思わず買ってしまった。
調べていたときは東芝のコントローラーがいいっぽいので、キングストンの30GBにしようとかと思っていたのだけれど、プラス2,000円しないで64GBのOCZがあるので、調べてみると微妙に評判がよくない?みたい?
で、数百円高いCFDのCSSD-S6M64NMQを調べると評判いいみたい?
しかも6,980円送料無料を見つけてしまったので、思わずポチってしまった。

ところがどっこい、よく調べてみると、地雷とか書いてある。orz
VIPで自作PC @ Wiki SSDs-marvell2

まぁ、それでも売れてるみたいなんで、使用者が多いということは何とかする情報も多いだろうということで、メゲずに使ってみます。

ということで、HDDからSSDに変わって、やらないといけないことの一つにアライメント調整というのがあります。
『Lansenの現実逃避日記』さんの『NAND/AFTにおけるパーティションアラインメント問題のまとめ』がとても詳細かつ簡潔なので、そちらを見てもらうとして。

で、今回はUbuntu11.04とWin2kのデュアルブートにするので、UbuntuLiveCDで『parted』からパーティションを切って、アライメント調整をしようとしました。
しようとしました、ということで、実際は必要がなかった(参照:Ubuntu Win2k デュアルブート)ということなので、まぁ、無駄なことして無駄な知識を得たぞと・・・orz
ちなみに、win2k、xpの単独で使う場合はおそらくパーティションツールでアライメントを考慮したパーティションを作らないといけないと思うので、その場合は、それなりにやってください。(ぉぃ

ちなみに『parted』での操作方法およびアライメントの確認方法


ubuntu@ubuntu:~$ sudo parted /dev/sda
GNU Parted 2.3
/dev/sda を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) help     ←まぁ、helpはみときましょか。 
 align-check TYPE N      パーティション N のアライメント(min|opt)をチェックする
 check NUMBER         ファイルシステムの簡単なチェックする
 cp [転送元デバイス] 転送元NUMBER 転送先NUMBER
                ファイルシステムを他のパーティションにコピーする
 help [コマンド]        ヘルプ表示。コマンド指定でそのヘルプを表示
 mklabel,mktable ラベルの種類 新しいラベル(パーティションテーブル)を作る
 mkfs NUMBER ファイルシステムの種類
                指定した種類のファイルシステムを作る
 mkpart パーティションの種類 [ファイルシステムの種類] 開始 終了
                パーティションを作る
 mkpartfs パーティションの種類 ファイルシステムの種類 開始 終了
                パーティションとファイルシステムを作る
 move NUMBER 開始 終了     パーティションを移動する
 name NUMBER 名前       パーティションに名前をつける
 print [devices|free|list,all|NUMBER]
                パーティションテーブルや、利用可能なデバイス、空き領域、
                見つかった全てのパーティション、あるいは特定のパーティションについて表示する
 quit             プログラムを終了する
 rescue 開始 終了       開始、終了で指定した範囲付近にあるパーティションを復活させる
 resize NUMBER 開始 終了    パーティションとその中のファイルシステムをリサイズする
 rm NUMBER           パーティションを削除する
 select デバイス        操作するデバイスを選択
 set NUMBER フラグ 状態    ファイルシステムのフラグと状態を設定する
 toggle [NUMBER [FLAG]]    パーティションのフラグの状態を反転する
 unit UNIT           デフォルトの単位を UNIT にする
 version            GNU Parted のバージョンと著作権情報を表示
(parted) p        ←情報を表示
モデル: ATA C300-MTFDDAC064M (scsi)
ディスク /dev/sda: 64023257kB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号 開始    終了    サイズ   タイプ  ファイルシステム フラグ
1  1049kB   40078672kB 40077623kB primary ext4       boot
2  40079720kB 64022905kB 23943184kB primary ntfs
    └→kB単位なのでわかりません。
(parted) u     ←単位を変更します。
単位は? [kB]? b   ←バイト単位
(parted) p      ←表示
モデル: ATA C300-MTFDDAC064M (scsi)
ディスク /dev/sda: 64023257088B
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号 開始     終了     サイズ    タイプ  ファイルシステム フラグ
1  1048576B   40078671871B 40077623296B primary ext4       boot
2  40079720448B 64022904831B 23943184384B primary ntfs
    └→4096で割りきれればOK。
(parted) align-check   ←ちなみにアライメントチェックのコマンドもあります
アライメントタイプ(min/opt) [最適(optimal)]/optimal/最小(minimal)/minimal? optimal
パーティション番号? 1
1 aligned     ←alignedならOKということらしい。たぶん。
(parted) align-check                           
アライメントタイプ(min/opt) [最適(optimal)]/optimal/最小(minimal)/minimal? optimal
パーティション番号? 2
2 aligned
(parted)  



windowsで確認するには
『スタート』>『プログラム』>『アクセサリ』>『システムツール』>『システム情報』を起動して
(もしくは、『ファイル名を指定して実行』(Win + R)を開き、『msinfo32.exe』と入力して起動)
『コンポーネント』>『記憶域』>『ディスク』とたどっていき
パーティション開始オフセット』の項目を見ます。
これが4096で割りきれればOKです。
(win2kのシステム情報では見れません。xp以降で見れるようです。)
ちなみに、XPでみた画面
c300offset.png


お次はSSDのファームウェアアップデートです。

SSDはCFDのCSSD-S6M64NMQですが、中身はまんまCrucialの64GB Crucial 2.5" RealSSD C300らしいです。
パッケージにもそう書いてありました。
ファームの書き換えとか怖いんで、必要ないならやりたくないですけど、やった方がいいみたいです。


CDに公式からzipを落としてきて、解凍して焼いて起動します。(ちなみにDVD+RWでやりましたけど、DVDでも普通に起動するんですね…)
ファームウェアが0002だったので、0006、0007と二回に渡って上げます。
一気にはできないらしいです。

まぁ、やり方は難しくないです。pdfのガイドにも丁寧に書いてありますし。英語ですけど‥
『データ復旧・修復・復元・診断・消去 (役立つ解説サイト)』さんの『Crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAGのファームウェアアップデート(0002→0006)』なんかにも丁寧に書いてあります。

ただ、アップデートが終わった後プロンプトが出るだけで勝手にはシャットダウンもリブートもしないので電源ボタンかリセットボタンで終了しないといけないですけど…
プロンプトにreboot とか入れても効かなかったです…

ちなみに、以前使っていたHDDとファームウェアアップ前、後の比較です。
ファームでスピードは変わらないですね。
たぶん使った後に差は出るんでしょう。

120GBHDD.png

250GBHDD.png

c300fw0002.png

c300fw0007.png

ちなみに、windowsでHDDからSSDに移行した前後でのBootracerの履歴
bootracer.png
歴然です。
けど、期待が高すぎたか、なんだかこれが当たり前くらいにも感じます・・・・
パソコンの起動がもともと遅すぎますよね・・・
まぁ、こんなもんかな・・・・
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です