事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

OpenSSHをインストールし、ローカルのGUIを使わなくなってきたので、ログインシステムを変更してみた。

『お便利サーバー.com』さんの『◇ログインシステムの変更(CentOS6)◇』と『◇ランレベルについて◇』を参考にしました。


[linux@NAS ~]# su
パスワード:
[root@NAS ~]# vi /etc/inittab

Ins

# inittab is only used by upstart for the default runlevel.
#
# ADDING OTHER CONFIGURATION HERE WILL HAVE NO EFFECT ON YOUR SYSTEM.
#
# System initialization is started by /etc/init/rcS.conf
#
# Individual runlevels are started by /etc/init/rc.conf
#
# Ctrl-Alt-Delete is handled by /etc/init/control-alt-delete.conf
#
# Terminal gettys are handled by /etc/init/tty.conf and /etc/init/serial.conf,
# with configuration in /etc/sysconfig/init.
#
# For information on how to write upstart event handlers, or how
# upstart works, see init(5), init(8), and initctl(8).
#
# Default runlevel. The runlevels used are:
# 0 - halt (Do NOT set initdefault to this)
# 1 - Single user mode
# 2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
# 3 - Full multiuser mode
# 4 - unused
# 5 - X11
# 6 - reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:


:w 『Enter
:q 『Enter

少しはCPU軽くなるといいけど・・・消費電力的にも・・・


<< 追記 >>
何故かその後Puttyからのリモート操作でシャットダウンに失敗するのでランレベルを5に戻しました。
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です