事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

結局のところ、CentOSもデスクトップがGNOMEで、Ubuntuと大差ないか逆に重いくらいなので、ローカルでセットアップをするのが微妙につらい。
特にFireFoxが重い。
ので、リモートで作業が出来るように、Telnetを試したがうまく繋がらないので、OpenSSHを試すことに。
Windwosのコマンドプロンプトから気軽につなごうと思っていたけど、まぁ、OpenSSHの方がセキュアだしいっか。
参考にしたのは『はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS』さんの『SSHサーバの構築(OpenSSH)
まんまですけど・・・・

OpenSSHサーバー編 (@CentOS6.0)
ユーザー名linuxのアカウントを想定してます。

[linux@NAS ~]$ su
パスワード:
[root@NAS linux]# yum -y install openssh-server
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.nara.wide.ad.jp
* extras: ftp.nara.wide.ad.jp
* updates: ftp.nara.wide.ad.jp
Setting up Install Process
Package openssh-server-5.3p1-20.el6_0.3.i686 already installed and latest version
Nothing to do


なんとまたもや入ってました。

設定します。
[root@NAS linux]# vi /etc/ssh/sshd_config

# $OpenBSD: sshd_config,v 1.80 2008/07/02 02:24:18 djm Exp $

# This is the sshd server system-wide configuration file. See
# sshd_config(5) for more information.

# This sshd was compiled with PATH=/usr/local/bin:/bin:/usr/bin

# The strategy used for options in the default sshd_config shipped with
# OpenSSH is to specify options with their default value where
# possible, but leave them commented. Uncommented options change a
# default value.

#Port 22
#AddressFamily any
#ListenAddress 0.0.0.0
#ListenAddress ::

# Disable legacy (protocol version 1) support in the server for new
# installations. In future the default will change to require explicit
# activation of protocol 1
Protocol 2

# HostKey for protocol version 1
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_key
# HostKeys for protocol version 2
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_rsa_key
#HostKey /etc/ssh/ssh_host_dsa_key

# Lifetime and size of ephemeral version 1 server key
#KeyRegenerationInterval 1h
#ServerKeyBits 1024

# Logging
# obsoletes QuietMode and FascistLogging
#SyslogFacility AUTH
SyslogFacility AUTHPRIV
#LogLevel INFO

# Authentication:

#LoginGraceTime 2m
PermitRootLogin no
#StrictModes yes
#MaxAuthTries 6
#MaxSessions 10

#RSAAuthentication yes
#PubkeyAuthentication yes
#AuthorizedKeysFile .ssh/authorized_keys
#AuthorizedKeysCommand none
#AuthorizedKeysCommandRunAs nobody

# For this to work you will also need host keys in /etc/ssh/ssh_known_hosts
#RhostsRSAAuthentication no
# similar for protocol version 2
#HostbasedAuthentication no
# Change to yes if you don't trust ~/.ssh/known_hosts for
# RhostsRSAAuthentication and HostbasedAuthentication
#IgnoreUserKnownHosts no
# Don't read the user's ~/.rhosts and ~/.shosts files
#IgnoreRhosts yes

# To disable tunneled clear text passwords, change to no here!
PasswordAuthentication no
PermitEmptyPasswords no
PasswordAuthentication no


# Change to no to disable s/key passwords
#ChallengeResponseAuthentication yes
ChallengeResponseAuthentication no

# Kerberos options
#KerberosAuthentication no
#KerberosOrLocalPasswd yes
#KerberosTicketCleanup yes
#KerberosGetAFSToken no

# GSSAPI options
#GSSAPIAuthentication no
GSSAPIAuthentication yes
#GSSAPICleanupCredentials yes
GSSAPICleanupCredentials yes
#GSSAPIStrictAcceptorCheck yes
#GSSAPIKeyExchange no

# Set this to 'yes' to enable PAM authentication, account processing,
# and session processing. If this is enabled, PAM authentication will
# be allowed through the ChallengeResponseAuthentication and
# PasswordAuthentication. Depending on your PAM configuration,
# PAM authentication via ChallengeResponseAuthentication may bypass
# the setting of "PermitRootLogin without-password".
# If you just want the PAM account and session checks to run without
# PAM authentication, then enable this but set PasswordAuthentication
# and ChallengeResponseAuthentication to 'no'.
#UsePAM no
UsePAM yes

# Accept locale-related environment variables
AcceptEnv LANG LC_CTYPE LC_NUMERIC LC_TIME LC_COLLATE LC_MONETARY LC_MESSAGES
AcceptEnv LC_PAPER LC_NAME LC_ADDRESS LC_TELEPHONE LC_MEASUREMENT
AcceptEnv LC_IDENTIFICATION LC_ALL LANGUAGE
AcceptEnv XMODIFIERS

#AllowAgentForwarding yes
#AllowTcpForwarding yes
#GatewayPorts no
#X11Forwarding no
X11Forwarding yes
#X11DisplayOffset 10
#X11UseLocalhost yes
#PrintMotd yes
#PrintLastLog yes
#TCPKeepAlive yes
#UseLogin no
#UsePrivilegeSeparation yes
#PermitUserEnvironment no
#Compression delayed
#ClientAliveInterval 0
#ClientAliveCountMax 3
#ShowPatchLevel no
#UseDNS yes
#PidFile /var/run/sshd.pid
#MaxStartups 10
#PermitTunnel no
#ChrootDirectory none

# no default banner path
#Banner none

# override default of no subsystems
Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server

# Example of overriding settings on a per-user basis
#Match User anoncvs
# X11Forwarding no
# AllowTcpForwarding no
# ForceCommand cvs server

OpenSSH再起動 (起動してなかったけど・・)
[root@NAS linux]# /etc/rc.d/init.d/sshd restart
sshd を停止中: [失敗]
SSH1 RSA ホストキーを生成中: [ OK ]
SSH2 RSA ホストキーを生成中: [ OK ]
SSH2 DSAホストキーを生成中: [ OK ]
sshd を起動中: [ OK ]

ユーザーlinuxで鍵を作ります。
[root@NAS linux]# su - linux
[linux@NAS ~]$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/linux/.ssh/id_rsa): Enter
Created directory '/home/linux/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):   おすきなぱすわーど
Enter same passphrase again:           おすきなぱすわーど
Your identification has been saved in /home/linux/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/linux/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
2c:d3:c5:b1:a6:fe:51:60:23:54:b3:cc:43:45:45:d1 linux@NAS.localdomain

[linux@NAS ~]$ ls -la /home/linux/.ssh  ←確認のため
合計 16
drwx------. 2 linux linux 4096 10月 1日 16:23 2011 .
drwx------. 25 linux linux 4096 10月 1日 16:22 2011 ..
-rw-------. 1 linux linux 1743 10月 1日 16:23 2011 id_rsa   ←秘密鍵
-rw-r--r--. 1 linux linux 402 10月 1日 16:23 2011 id_rsa.pub  ←公開鍵

[linux@NAS ~]$ cat /home/linux/.ssh/id_rsa.pub >> /home/linux/.ssh/authorized_keys
[linux@NAS ~]$ chmod 600 /home/linux/.ssh/authorized_keys
[linux@NAS ~]$ rm -f /home/linux/.ssh/id_rsa.pub
[linux@NAS ~]$ ls -la /home/linux/.ssh/  ←確認のため
合計 16
drwx------. 2 linux linux 4096 10月 1日 16:26 2011 .
drwx------. 25 linux linux 4096 10月 1日 16:22 2011 ..
-rw-------. 1 linux linux 402 10月 1日 16:25 2011 authorized_keys ←公開鍵
-rw-------. 1 linux linux 1743 10月 1日 16:23 2011 id_rsa      ←秘密鍵


面倒なんでSamba経由で秘密鍵を渡しちゃいます。 あかんかな?
[linux@NAS ~]$ su
パスワード:
[root@NAS linux]# mkdir /home/share/id_rsa   ←Sambaのフォルダ下に渡すためのフォルダを作ります
[root@NAS linux]# chmod 777 /home/share/id_rsa ←パーミッション無いとクライアントが読めません
[root@NAS linux]# mv /home/linux/.ssh/id_rsa /home/share/id_rsa/ ←移動
[root@NAS linux]# chmod 777 /home/share/id_rsa/id_rsa ←パーミッション設定

自動起動の設定
[root@NAS linux]# chkconfig sshd on
[root@NAS linux]# chkconfig --list sshd   ←確認だけ
sshd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off


サーバー側(CentOS)の設定は以上です。
ちなみに、SSHのポート22番は最初からファイアウォールが開いてました。
のでそのままで大丈夫でした。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
OpenSSHクライアントPuTTY編 (@WinXP)

続いて、WindowsXPにクライアントソフトをダウンロードして設定です。
こちらも同じく『はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS』さんの『PuTTY によるサーバリモート接続』を参考にしました。
まぁ、まんまです。

『hdk の自作ソフトの紹介』さんの『最新版ダウンロード』からputty-0.60-jp20070603.zipをダウンロードします。

Puttyで使うために秘密鍵の変換が必要です。
puttygen.exe を起動します。

Load ボタンを押して、サーバーで作った秘密鍵を開きます。秘密鍵のファイルには拡張子が付いてないので、ファイルの種類はAll Files(*.*)で開きます。

鍵を作ったときのパスワードを入力して、ぷっちーのかぎにしないといけないよ。と言われるので、

Save privte key を押してユーザー名のlinuxでもなんでも、好きな名前で保存します。


次にクライアントソフトの起動です。
puttyjp.exe を起動します。

[セッション]カテゴリ ホスト名 にサーバーのIPを入れます。
ポート 22
接続タイプ  SSH


[接続]カテゴリの[データ] 自動ログインのユーザー名 を linux
[接続]カテゴリの[SSH]の[認証] 認証のためのプライベートキーファイル に先ほどの作ったlinux.ppkのファイルを指定します。

[ウィンドウ]カテゴリの[変換] 文字コードの設定 を UTF-8/Auto-Detect Japanese あたりにしときます。

まあ、この程度で基本問題ないですが、

[セッション]カテゴリの[ログ] セッションのログ 印字可能な出力 (全セッションだと制御文字が入って文字化け化けになります)

[セッション]カテゴリの[ログ] ログファイルがすでに存在する場合何をすべきか を 常にその最後に追記
まぁ、ログ見られると何したかばれちゃいますけどね;;

[ウィンドウ]カテゴリ スクロールバックの行数 適当に桁増やしときますか

あとは、フォントとか、色とかお好きにどうぞ。 14ポ位が見やすくていいかな。

こんなところでしょうか。

[セッション]カテゴリ セッション一覧の空欄に覚えやすい名前を入れて保存を押すと設定を保存しておけます。

あとは『開く』を押せば つながります。

一番最初は何か言われますが、『Yes』です。公開鍵がなんてろで、なりすましかもしらんよ??見たいな内容だったと思います・・・まぁ、英語ですけど読めば解るでしょう・・・・
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です