事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

結局ThunderBirdを導入したので、OS起動時に一緒に立ち上がるようにした訳ですが、出来れば最小化した状態(タスクトレイにだけ収まった状態)で立ち上がってもらいたい。(というか、Winでもそうしてたし)
ので、そうします。

参考にしたのは
『なんでもかんでもコンピュータ』さんの『【Ubuntu】DevilsPie : アプリケーションを起動した時に、ウインドウの状態(最小化状態、最大化状態、位置など)を設定出来るツール』と『【Ubuntu 11.04】Thunderbird 5.0 b1 をPPAからインストール (Devilspieでログイン時最小化起動)

専用ツールがあるということなので、インストールです。

linux@Ubuntu-DT:~$ sudo apt-get install devilspie
[sudo] password for linux:
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
devilspie
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
29.5 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 131 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ natty/universe devilspie i386 0.22-1 [29.5 kB]
29.5 kB を 0秒 で取得しました (75.4 kB/s)
未選択パッケージ devilspie を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 194388 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../devilspie_0.22-1_i386.deb から) devilspie を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
devilspie (0.22-1) を設定しています ...

GUIツールをインストールします。
linux@Ubuntu-DT:~$ sudo apt-get install gdevilspie
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
gdevilspie
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
21.8 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 209 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ natty/universe gdevilspie all 1:0.5-1 [21.8 kB]
21.8 kB を 0秒 で取得しました (68.1 kB/s)
未選択パッケージ gdevilspie を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 219633 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../gdevilspie_1%3a0.5-1_all.deb から) gdevilspie を展開しています...
bamfdaemon のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/bamf.index...
desktop-file-utils のトリガを処理しています ...
python-gmenu のトリガを処理しています ...
Rebuilding /usr/share/applications/desktop.ja_JP.utf8.cache...
man-db のトリガを処理しています ...
python-support のトリガを処理しています ...
gdevilspie (1:0.5-1) を設定しています ...
python-support のトリガを処理しています ...

起動します。メインメニュー?アプリメニューには登録されませんので、コマンドからです。
『アプリケーションメニュー』>『アクセサリ』の中にあります。

linux@Ubuntu-DT:~$ gdevilspie


『Start devilspie ~~』にはチェックを入れて
『追加』で(後から撮ったので既にありますが…)
ssgDevilspie1.png

まぁ、名前はThunderBirdあたりで・・・
window_name』 を 『Mozilla Thunderbird』とかにします。
この辺はウィンドウを補足して何か操作をする系のソフトでお馴染みの感じです。UWSCとか
ssRuleEditor1.png

geometry』はウィンドウのサイズです。決まった場所に決まったサイズで表示したいとき使います。
minimize』で最小化されます。
ssRuleEditor2.png

で、出来上がった構文が
( if
( begin
( contains ( window_name ) "Mozilla Thunderbird" )
)
( begin
( geometry "900x1014+0+162" )
( minimize )
( println "match" )
)
)

こんな感じです。

S-expressionって文法?らしいです。始めて聞きましたけど、まぁ、書き方解らないのでGUIでやればいいかな。

Ubuntuにも、UWSCみたいなAutoKeyってソフトがあるみたいです。インストールしましたけどまだ使ってないのでよく解りませんが、そっちでやってもいいんでしょうけど、何か簡単そうなのがあったのでこれでやっちゃいました。
問題なく動いてます。
スポンサーサイト



PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です