事象の水平線

横を無理やり伸ばしたので、デザインがおかしいけど、気にしない。完璧に時代に取り残されたHTMLをいまさらいじるのがめんどくさい。個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
頻繁にネットワーク帯域を食う Delivery Optimization
検索すると、WindowsUpdateのファイルをP2Pで勝手にやり取りする機能で、停止しても問題ないサービスとあり、その停止方法はよく出てきます。

が、サービスを無効にしても、なぜか勝手に起動してる。
ネットを占有し、時にはCPUまで占有。

タスクマネージャから消してもすぐ復活し、対処法がわからない。
.exeをリネームでもして動かないようにしようかと思ったけど、svchost.exe という汎用的に使われてるexeで、これを使えなくしてはだめなので、いっそサービスを削除してしまいました。

作成したWindowsサービスを完全に削除する方法
http://minto.tech/windowsservice-sakujo/2/

で、Delivery Optimization に帯域を占有されることは無くなった。わーい。
と思っていたら、なんと、WindowsUpdateが走らなくなってしまった。ガビーン

というわけで、そこからの紆余曲折は端折り、Delivery Optimization を復活させる方法。

Some problems about windows update
https://www.ntlite.com/community/index.php?threads/some-problems-about-windows-update.70/

以下のレジストリを登録したら、何とか復活しました。


Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DoSvc]
"ServiceDll"=hex(2):25,00,53,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,52,00,6f,00,6f,\
00,74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,\
64,00,6f,00,73,00,76,00,63,00,2e,00,64,00,6c,00,6c,00,00,00
"ServiceDllUnloadOnStop"=dword:00000001
"DisplayName"="@%systemroot%\\system32\\dosvc.dll,-100"
"ErrorControl"=dword:00000001
"ImagePath"=hex(2):25,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,72,00,6f,00,6f,00,\
74,00,25,00,5c,00,73,00,79,00,73,00,74,00,65,00,6d,00,33,00,32,00,5c,00,73,\
00,76,00,63,00,68,00,6f,00,73,00,74,00,2e,00,65,00,78,00,65,00,20,00,2d,00,\
6b,00,20,00,6e,00,65,00,74,00,73,00,76,00,63,00,73,00,00,00
"Start"=dword:00000004
"Type"=dword:00000020
"Description"="@%systemroot%\\system32\\dosvc.dll,-101"
"DependOnService"=hex(7):72,00,70,00,63,00,73,00,73,00,00,00,00,00
"ObjectName"="LocalSystem"
"ServiceSidType"=dword:00000001
"RequiredPrivileges"=hex(7):53,00,65,00,43,00,72,00,65,00,61,00,74,00,65,00,47,\
00,6c,00,6f,00,62,00,61,00,6c,00,50,00,72,00,69,00,76,00,69,00,6c,00,65,00,\
67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,43,00,72,00,65,00,61,00,74,00,65,00,50,00,61,\
00,67,00,65,00,46,00,69,00,6c,00,65,00,50,00,72,00,69,00,76,00,69,00,6c,00,\
65,00,67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,54,00,63,00,62,00,50,00,72,00,69,00,76,\
00,69,00,6c,00,65,00,67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,43,00,68,00,61,00,6e,00,\
67,00,65,00,4e,00,6f,00,74,00,69,00,66,00,79,00,50,00,72,00,69,00,76,00,69,\
00,6c,00,65,00,67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,41,00,73,00,73,00,69,00,67,00,\
6e,00,50,00,72,00,69,00,6d,00,61,00,72,00,79,00,54,00,6f,00,6b,00,65,00,6e,\
00,50,00,72,00,69,00,76,00,69,00,6c,00,65,00,67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,\
49,00,6d,00,70,00,65,00,72,00,73,00,6f,00,6e,00,61,00,74,00,65,00,50,00,72,\
00,69,00,76,00,69,00,6c,00,65,00,67,00,65,00,00,00,53,00,65,00,49,00,6e,00,\
63,00,72,00,65,00,61,00,73,00,65,00,51,00,75,00,6f,00,74,00,61,00,50,00,72,\
00,69,00,76,00,69,00,6c,00,65,00,67,00,65,00,00,00,00,00
"DelayedAutoStart"=dword:00000000
"FailureActions"=hex:80,51,01,00,00,00,00,00,00,00,00,00,03,00,00,00,14,00,00,\
00,01,00,00,00,60,ea,00,00,01,00,00,00,60,ea,00,00,00,00,00,00,00,00,00,00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DoSvc\Security]
"Security"=hex:01,00,14,80,78,00,00,00,84,00,00,00,14,00,00,00,30,00,00,00,02,\
00,1c,00,01,00,00,00,02,80,14,00,ff,00,0f,00,01,01,00,00,00,00,00,01,00,00,\
00,00,02,00,48,00,03,00,00,00,00,00,14,00,9d,00,02,00,01,01,00,00,00,00,00,\
05,0b,00,00,00,00,00,18,00,ff,01,0f,00,01,02,00,00,00,00,00,05,20,00,00,00,\
20,02,00,00,00,00,14,00,ff,01,0f,00,01,01,00,00,00,00,00,05,12,00,00,00,01,\
01,00,00,00,00,00,05,12,00,00,00,01,01,00,00,00,00,00,05,12,00,00,00



OSのサービスを削除しちゃうような人もなかなかいないでしょうけど。

<<参照>>
Some problems about windows update
https://www.ntlite.com/community/index.php?threads/some-problems-about-windows-update.70/
[SOLVED] [EX-100 - v1.8.6.0] [RS2 Build 15063.296] Delivery Optimization Service breaks WU
https://winreducer.forumotion.com/t2201-solved-ex-100-v1-8-6-0-rs2-build-15063-296-delivery-optimization-service-breaks-wu
Delivery Optimizationに関するレジストリ値
http://www.it-word.net/Windows/Service/registry/Windows10/DoSvc.html
Delivery Optimization (DoSvc) Service Defaults in Windows 10
http://servicedefaults.com/10/dosvc/

スポンサーサイト

PageTop
2018年12月 4K8K本放送開始らしく、今までのFHD(フルハイビジョン=2K)放送の帯域を削って4K8Kに割り当てるべく、再編成だそうだ。

BS右旋の放送の帯域再編(周波数再編成)について

で、対処法を個人用メモ
recpt1が影響を受けるので、recpt1を再度コンパイルする。
その際、
Mercurial > pt1
の最新のパッチで対応できる。(メンテナンスありがとうございます。)

で、おわり。


なのだけど、
ストリーム配信のhttp版パッチ(参照先を後述)を当てているので、
最新のMercurial > pt1 のzipを持ってきて(Mercurial は入れてない。)http版パッチをそのまま当てると、最新のrecpt1がどうやら変数名を変えてるらしく、コンパイルでエラーが出てうまくいかない。
たしか、dec が decodeになってる。のと、argの型が合わないとか言われる。
無理やり合わせてコンパイルしたら、録画はできるが、http配信ができない。当然か。

ので、以前のrecpt1のソースを使い、それに新しいrecpt1のpt1_dev.hだけを置き換えてコンパイルすることにした。

EPGrecUNAは自動で対応してくれる。ので、まぁ、EPGを自動で取得するタイミングでなんかしてくれる。んだろう。実際、自動で変わったっぽい。

<<参考>>
recpt1 http版 怒られながら入れてみる
recpt1 http版 プロセスが落ちたときにphpで手動でブラウザからexecする
CentOS6.5 に epgrec UNA

PageTop
WannaCry 対策としてSMB1.0の無効化
<<参考>>SMB1.0クライアントを無効にする方法

で、SMB1.0を無効にしたらCentOS6.5のNASにつながらなくなった。
CentOS6.5のSambaは
# smbd -V
Version 3.6.9-167.el6_5
バージョン3.6だけど、なんで?

結論
/etc/samba/smb.conf
security = share
...
guest ok = yes
guest only = yes

とかで、Lan内でだれでも繋がってたけど、
<<参考>>Samba 3.6.0のSMB2ではまる
以下にしたらつながった
max protocol = SMB2
...
security = user

で、ユーザー、パスワードが必要になった。けど、ユーザーはOSのアカウントとは別なのね。
<<参考>>smbpasswd - samba パスワードの変更
smbpasswd -a UserName

で、ユーザーを登録したらOK。

Windows7、10とかは資格情報マネージャーでユーザー、パスワードが保存されて、毎回入力しなくていいのね。

こんなんでも6時間もハマった
これって、以前はSMB1.0でつながってたってこと?

PageTop
個人用メモ。

解決しないけど、少しは直る。(けど、IME2010の変換頭悪いんですけど…・)

アクテイブウィンドウが最前面に来ないのが解決した-モエ エ シャンドン

PageTop
Apk Expansion を使い、zipの中身をcontentProvider経由でgoogleのライブラリの『\sdk\extras\google\market_apk_expansion\zip_file』で使うと、StrictModeで
 A resource was acquired at attached stack trace but never released. See java.io.Closeable for information on avoiding resource leaks.
java.lang.Throwable: Explicit termination method 'close' not called
at dalvik.system.CloseGuard.open(CloseGuard.java:184)
at java.io.RandomAccessFile.(RandomAccessFile.java:128)
at com.android.vending.expansion.zipfile.ZipResourceFile.addPatchFile(ZipResourceFile.java:275)
at com.android.vending.expansion.zipfile.ZipResourceFile.(ZipResourceFile.java:189)
at com.android.vending.expansion.zipfile.APKExpansionSupport.getResourceZipFile(APKExpansionSupport.java:67)
at com.android.vending.expansion.zipfile.APKExpansionSupport.getAPKExpansionZipFile(APKExpansionSupport.java:77)
at com.android.vending.expansion.zipfile.APEZProvider.initIfNecessary(APEZProvider.java:154)
at com.android.vending.expansion.zipfile.APEZProvider.openAssetFile(APEZProvider.java:175)
at android.content.ContentProvider.openTypedAssetFile(ContentProvider.java:1458)
at android.content.ContentProvider.openTypedAssetFile(ContentProvider.java:1524)
at android.content.ContentProvider$Transport.openTypedAssetFile(ContentProvider.java:355)
at android.content.ContentResolver.openTypedAssetFileDescriptor(ContentResolver.java:1089)
at android.content.ContentResolver.openAssetFileDescriptor(ContentResolver.java:929)
at android.content.ContentResolver.openInputStream(ContentResolver.java:654)

とか言われる。

で、結論
zip_fileのZipResourceFileクラスの以下のメソッドで
RandomAccessFileがcloseされていないのが原因
   void addPatchFile(String zipFileName) throws IOException
{
File file = new File(zipFileName);
RandomAccessFile f = new RandomAccessFile(file, "r");
long fileLength = f.length();
~~~~~

ので、
    void addPatchFile(String zipFileName) throws IOException
{
RandomAccessFile f = null;
try{
File file = new File(zipFileName);
f = new RandomAccessFile(file, "r");

~~~~~~~~~~~~~~~~~
}finally{
try{ f.close(); }catch(Exception e){ }
}

}

よくあるように閉じるようにして、終了。

APK Expansion - APKExpansionSupport.getAPKExpansionFiles の bug
といい、なんか罠多すぎるよ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。